高時給の家庭教師や保育士のバイトを探そう!

仕事

教師になりたい大学生へ

先生と女の子

家庭教師はシフトの都合がつきやすいので、忙しい大阪の大学生にはピッタリのバイトと言えます。塾講師と比べると生徒と心の距離感が近く、学校の教師などを目指している方にはぜひお勧めです。

もっと知ろう

保育園の先生になるには

保育士

保育園で働くには、保育士の求人を出しているHPなどでその理念を確認して、自分に合った保育園を見つけましょう。大手と個人経営どちらの保育園にも良い点があるため、より自分の理想に近い保育園を選ぶことが大切です。

もっと知ろう

講師の仕事の種類

勉強

給料が高い大阪のバイトとして有名なのが家庭教師ですが、一口に家庭教師といっても実は大きく分けて3種類あります。一つ目は教材販売型といわれているものです。大阪で家庭教師の契約をする際に、教材も同時に販売するやり方です。基本的には、国語、数学、英語、理科、社会のいわゆる5教科を販売するので、どの教科でも教えるスキルが必要になります。教材の販売自体は会社側がやってくれる所が多いので、バイト自体は勉強を教えることが中心になります。2つ目は個人契約型といわれる家庭教師です。家庭教師に授業を教えて欲しい大阪の家庭に対して、会社が家庭教師の人材を派遣する形式になっています。家庭は会社に対して紹介料を払うのみであり、実際の時給またはバイトの代金は、家庭教師と家庭が相談して決めることになります。したがって、教材販売型と比べれば高給になりますが、家庭との相性が悪ければ契約終了になることもあります。さらに、指導の方法や教材などもオリジナルなものを求められるでしょう。3つ目は中間マージン型とされるものです。これは家庭が大阪の会社に毎月支払う家庭教師料から、家庭教師への給料が支払われる制度です。ここの良い点は、バイト先である家庭に何か問題があった場合は、会社が仲介者となり、トラブルを解決することができることです。また、希望した場合は他の家庭へと変更することも可能なので、安心して働くことができます。自分に合った家庭教師のやり方を探してみましょう。

生徒や親御さんとの関係

勉強

家庭教師のバイトで必要な能力は勉強を教えるだけではなく、生徒やその親御さんとコミュニケーションを取ることも大切です。京都では親御さんから差し入れや食事をご馳走になることが多いので、むげに断らずにお礼をして頂きましょう。

もっと知ろう

Copyright© 2016 高時給の家庭教師や保育士のバイトを探そう!All Rights Reserved.